友だち追加
Column

コラム

◆不動産の査定調査実務

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。


本日の査定コラムテーマは
不動産査定調査~八重瀬町字上田原~
です。


今回の査定物件は市街化調整区域の戸建ての調査です。

ではど~ぞ~

◆八重瀬町字上田原

今回査定調査した物件は
「八重瀬町字上田原」
にある戸建てです。

市街化調整区域 緩和区域
建蔽率60%
容積率200%
その他特筆する制限等なし

同エリアは区画整理された平坦な土地でも農業従事者や収容者のみ建築可能な土地(白地)もあるため、売却査定の際はしっかりとした調査が必須です。
今回の物件は想定通り白地の物件。
つまり売却はできるが購入者が農業従事者とかでないと再建築ができないという制限がある土地です。

◆接道・給水排水経路を見る

接道は申し分ありません。
給水管も問題なし。
排水経路もしっかりと勾配を確保出来ています。

◆白地が最大のネック

築年数も浅いため物件の問題点はほぼ見当たりません。
調整区域の白地という点が最大のネックになります。

◆査定結果

白地地区で一般の方には再建築ができないという点を加味して
査定価格は3000万円となりました。

今年発表された那覇広域都市計画の見直しによる市街化区域の編成からも外れています。
しばらくは白地が継続されるはずですが、上田原地域はよく市街化区域への編成の話が持ち上がるので
将来的には建て替えが可能になる可能性もある事を見越しての高評価となりました。
※市街化区域への編成はあくまでも私の希望的観測です


では~



----------------------------------------
noteコラムでは不動産業のリアルな実態をドキュメント形式でご紹介しています。
ご興味がある方はぜひお読みください♪
noteコラム



ツイッターやってます。
@REGATE5
不動産のお悩みやご相談は以下のラインからお願いします♪
友だち追加




不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買市況速報
※毎日、八重瀬町、南風原町、豊見城市、与那原町、糸満市、南城市、那覇市、浦添市、西原町、宜野湾市の不動産の売り出し事例を収集しています。

それを基に県内12万ヵ所の地点の査定データを収集して「自動査定システム」をリリースしました。



不動産自動AI査定システム
↑沖縄県南部の不動産の価格を調べたい方はお気軽にご利用ください。

一覧に戻る
ページトップへ戻る