友だち追加
news

お知らせ

【2021年3月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ】

【2021年3月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ】画像1

◆2021年4月1日更新
【2021年3月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ】

2021年も早くも四半期が過ぎました。
3月決算の業者さんも多く、沖縄の不動産は慌ただしく動いた印象でした。

ただ、地域性の二極化が進んでいることと
コロナの規制や自粛がまだまだ続きそうなことを考えると
一概に楽観的にはなれない感じです。

今月でほぼ丸一年コロナに振り回される生活が続いたという事になるんですが、
年が明けてからの状況と目の前のお客さんや業者さんから聞いた感触などを分析したいと思います。

あくまでも弊社独自の調査とデータを基にしているので
実態と乖離する事もありますがご了承ください。

参考までに。。。
というスタンスでお読み下さい。


◆沖縄の不動産市場の変化は?


2021年3月の沖縄の不動産市況について

提携業者さんたちから聞いた声
-----------------------------

○田グループの新たな会社が沖縄進出
内地と海外の企業からの買いの動きがある
銀行審査は厳しいまま
投資物件は暗雲?
コロナ買い控えをした人が動いてきた

-----------------------------

去年からコロナが襲ってきて
「観光が基幹産業の沖縄は暴落する!」
「沖縄の不動産はバブルだった!」
という警戒をしていたんですが、

なんだかんだで
「あれ?思ったより落ちない?」
という感じに変わってきました。

地価公示でも住宅地は上がってるし、
実需住宅の買いの動きは段々と元に戻ってきた印象。
コロナさえ落ち着けば沖縄の観光の戻りも早そうです。

しかも〇田グループの新会社が進出。。。
沖縄の市場はまだまだいけると判断された証拠ですね。

こうなると
「落ちるまで待とう。」
と待機していた方々が
「やっぱ落ちないみたいだね」
と動き出す判断をするのも近いのかもしれません。


◆2021年3月 沖縄県中南部市町村別の不動産売買取引のまとめ

まずは3月の取引をまとめたグラフをご覧ください。

2021年3月 市町村別の不動産取引事例まとめ

↑ここをタップするとPDFでアップにできます

<戸建て>
戸建ては売り出しも成約も総合的にプラスに転じています。
繁忙期というのもあると思うんですが、堅調な数字に戻りつつあるということでしょうか。

<土地>
売り出しは先月からの流れを受けて増加傾向。
成約は若干のマイナスもありますが全体的には標準という印象です。


総合的にみて全体の持ち直しが感じられる数字となりました。


◆2021年3月 沖縄県中南部全域の不動産売買取引のまとめ


2021年3月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ

↑ここをタップするとPDFでアップにできます

中南部全域での月別比較を見てみると
一月から二月、三月と順調に数字を持ち直してきているのが目に見えます。

コロナの影響もあり通常の繁忙期とまでは言えないまでも
沖縄の住宅取引の数字は堅調に推移しているといってもいいと思います。


◆2021年3月 取引状況昨年対比

昨年との対比を考察します。
データはさっきまでのグラフをご参照ください。

2020年の3月と言えばコロナの蔓延と緊急事態宣言、完全な家籠りが本格化し始めた月でしたね。
卒業式や修了式が無くなって、新学期も延期という異例の状態だったのを覚えています。

戸建ての取引件数は新築物件の供給状況に左右されていますが、
土地の取引状況を見ると昨年を上回ってきている事が分かります。

やはり沖縄の住宅事情に対してはコロナの混乱が収まりつつあるという感じでしょうか。



◆2021年3月の統計まとめと感想

2021年3月を振り返ってみて。

さっきも述べましたが正直な感想として
「あれ?コロナ暴落ないんじゃね?」
という感じになってきていますw

一年を通して暴落に警戒していまいしたし、
実態経済の落ち込みが不動産に影響を与え出すのは半年遅れくらいだと思っていたのに。。。

なかなか暴落の兆しは見えないんですね。
商業物件やテナント物件なんかはかなり打撃を受けていますが
住宅に関してはマンションが少し鈍り始めたかな?
というくらいの印象。

中古戸建てに関しては“ちゃんと価格をつけた物件”なら
1~3ヶ月での成約となっているし、
新築建売も結構順調に捌けている様子が見受けられます。

そんな空気感なので
「コロナで落ちた頃が買い時だ!」
と期待をしていた人たちが
「あれ?落ちないならやっぱ動こう」
となってきそうな気配ですね。

丸々一年間コロナと向き合ってきた感想として
昨年一年のコロナの混乱は
「投資物件」「商業物件」
に大打撃。

「住宅」「土地」は
民泊で浮かれたエリアはもう閑古鳥。
エリアが厳しいところは今後の見通しも最悪。
もともと需要があったエリアは平常運転。

という感じの印象です。


ワクチン接種が全体に広がるのは年末くらいと言われていますが、
沖縄の観光の復旧が広がると、県内の不動産取引は益々盛り上がる可能性が高いものと推測します。


4月から新年度。
コロナの第四波もあるのでまだまだ予断は許しませんが
私個人としては楽観的な感情の方が強くなってきていますw


では~

※こんな感じで毎月の統計と私の見解を発表していこうと思います^^
沖縄県の中南部で不動産売買をご検討の方はお気軽にご相談ください。市場の動きを見ながら様々なアドバイスを提供させていただきます。

個別に具体的な査定価格を知りたい方は
不動産自動AI査定システム
をお試しください。完全無人で自動査定ができます♪

また不動産に関するご相談は
不動産に関するご相談窓口
からお気軽にお問い合わせください^^

では~

※最後まで読んでいただいてありがとうございます。

今後も「沖縄の不動産あるある」「沖縄の不動産売買」「不動産売買のケーススタディ」についてもいろいろと書き綴っていこうと思いますので、応援よろしくお願いいたします。


【2021年3月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ】画像2

ページトップへ戻る