友だち追加
news

お知らせ

【レポートコラム】2021年8月 沖縄県南部エリアの不動産市況

◆2021年8月31日更新
【2021年8月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ】

2021年8月が終わりますね。


8月は東京オリンピックやら甲子園やら旧盆やらであっという間に過ぎました。
緊急事態宣言が続いて子供達の夏休みが延長されて、商業施設が閉鎖されたりと世間はまだまだコロナ禍一色。。。

そんな中で沖縄県中南部の不動産の取引推移がどうやって動いたかまとめてみました。


あくまでも弊社独自のデータなので、
参考までに。。。
というスタンスでお読み下さい。



◆沖縄の不動産市場の変化は?

2021年8月の沖縄の不動産市場の声

提携業者さんたちから聞いた声
-----------------------------

ウッドショックは影響が出るという人と出ないという人で両極端
ワクチン接種が進んできているが客足はそこまで影響なし
商業系のテナントが埋まり出してきた

-----------------------------


ウッドショックの影響にここ数ヶ月注目していますが、騒がれているほど影響が出ないだろうという意見も出てきています。
ただ、変わらず警戒をしているという声もあるので年末までは注視しようと思います。

ワクチン接種の是非が問われていますが、接客をする身としては打つにこしたことはないという意見が多く同業者の中でも接種が進んでいる印象です。
お客様の方でももう接種済みという方が増えてきている印象。
ワクチン接種に起因する客足の影響はどの業者さんもないという感じです。
また、我々の仕事柄ご高齢のお客様を相手にもするので感染対策には最善の注意を払っているという声が多かったです。

国際通りや平和通りを中心にコロナで空いたテナントが埋まり出してきているという声を聞きました。
コロナ後のインバウンドを見越した動きが出てきた印象です。



◆2021年8月 沖縄県中南部市町村別の不動産売買取引のまとめ


まずは8月の取引をまとめたグラフをご覧ください。

2021年8月 市町村別の不動産取引事例まとめ

↑ここをタップするとPDFでアップにできます

<戸建て>
7月が6月に比べて落ち込んだイメージでしたが8月はぐいっと復活した印象です。


<土地>
土地の取引は南部地区の売り出しが減った印象ですが全体的には前月比プラス。
南部地区は建売業者さんの進出が著しいのでネットなどで売り出す前に成約しているので売り出し件数が少ないという感じです。


◆2021年8月 沖縄県中南部全域の不動産売買取引のまとめ



2021年8月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ

↑ここをタップするとPDFでアップにできます

7月が大幅に落ち込んだので8月は一気に持ち直した印象です。
TOTALの取引数も堅調に持ち直しています。


◆2021年8月 取引状況昨年対比


昨年との対比を考察します。

2021年8月 沖縄県中南部の不動産取引事例まとめ

↑ここをタップするとPDFでアップにできます

戸建ての売り出しが少しマイナスになっただけで全体的にはプラスに持ち返しました。



◆2021年8月の統計まとめと感想


またまた緊急事態宣言の延長になりそうな気配ですね。
9月12日の解除は無理という見方が大きくなってきています。

反面、国際通りや平和通りなどは少しづつテナントの契約が進んできているらしく、インバウンドの反発を狙った動きが出てきている感じです。

ただ、デルタ株がどんどん変異していて若い世代も重篤化する事例も出てきていることを見るとコロナが落ち着くのは年内は無理っぽいですよね。。。

経済の重要性と感染症の制圧。

まだまだ難しい難題だらけ。

9月は新学期と総裁選。
いろいろと動きがありそうなので情報を収集しながら多方面に注目しときます。


では~



※こんな感じで毎月の統計と私の見解を発表していこうと思います^^
沖縄県の中南部で不動産売買をご検討の方はお気軽にご相談ください。市場の動きを見ながら様々なアドバイスを提供させていただきます。



個別に具体的な査定価格を知りたい方は
不動産自動AI査定システム
をお試しください。完全無人で自動査定ができます♪

また不動産に関するご相談は
不動産に関するご相談窓口
からお気軽にお問い合わせください^^

では~

※最後まで読んでいただいてありがとうございます。

今後も「沖縄の不動産あるある」「沖縄の不動産売買」「不動産売買のケーススタディ」についてもいろいろと書き綴っていこうと思いますので、応援よろしくお願いいたします。


ページトップへ戻る