不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
9月13日
2023
不動産屋のお仕事

こんにちは。

株式会社REGATEの金城です。

 

今日は先日気が付いた不動産屋の仕事って何だろうな~という事を書いていきます。

 

弊社はよく沖縄県南部地域の不動産の売却相談、査定、購入、、、多岐に渡るご相談を受けるんですが、

つい先日旧来の知人から連絡が来てどうやら中古戸建の購入を検討しているらしく、

「中古住宅の購入で何か注意点ある?」という質問が。

 

彼が購入を検討しているのは埼玉県の物件で私が土地勘がある場所でも相場感がある場所でも無い。だから地域性などのアドバイスはできないのは百も承知。ただ、不動産売買を長年やっている業者の視点での注意点が知りたいという感じでした。

 

グーグルのストリートビューを見ながら外壁の状況や駐車場の位置、近隣の施設、土砂災害の危険が無いか、増水時に河川の氾濫やの危険が無いか、、、

色々と客観的にアドバイスできる事はやってみた。

ていうか沖縄に居ながら行ったことも無い地域の物件の状況をすぐに見れるってgoogleさん凄いねw

 

そして室内の状況は売り出し中のポータルサイトに画像があるらしく覗いてみたら、こだわり抜いた注文住宅で全国にはびこる〇田産業さんたちの建売とは一線を画す内装でした。

実際の室内に関しては床の傾きや床下・屋根裏の浸水の跡が無いかはしっかりとチェックするようにアドバイス。

 

ポータルサイトで検索してみて近隣相場を見たところ金額もそこまで高くない。

というか今のご時世でこの建物を建てようとしたらとてもじゃないけど売り出しの金額では無理。

正直なところほぼ文句のつけようがない物件でした。

 

そんな感じでアドバイスを終えたら

「ありがとう!安心した!」

というお礼の言葉が返ってきました。

 

 

 

そこでふと思ったんですよね。

不動産屋の仕事って悩んでいる人の背中を押してあげるだけでいいんだな。って。

まあ、営業トークで上手くノせるという事も大事なんだけど、多くの人は「誰かに太鼓判を押してもらいたい」というのがほとんど。

 

売るのを悩んでいる人も、買うのも貸すのも借りるのも、、、

一般の人は不動産に対して知識が無さすぎるから困って悩むんであって、その不安感を拭ってあげたら本人の中にもともとあった結論はすぐに出る。

ちなみに彼は担当してくれている業者さんが売買に慣れていないのか、知識が薄く質問に明確な回答をしてくれなくて不安だったとのこと。

 

 

なので不動産の仕事として背中を押すためには、その安心を与えるだけの前提として不動産に精通した知識は絶対条件なんだけど、とにかく迷っている人の中には答えがほとんど出ているから、背中を押してあげるだけで以外に決まるもんなんだよな~っと思った次第です。

 

長々と内容の薄い駄文にお付き合いいただきありがとうございましたw

 

沖縄県の南部地域で不動産に関してお悩みの方。

色んな不安やトラブルを解消して背中を押しますので是非弊社までご相談ください!

 

では~

—————————————-
不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買マップ
※毎日、宜野湾市、浦添市、那覇市、西原町、南風原町、与那原町、豊見城市、糸満市、八重瀬町、南城市の不動産の売り出し事例を収集しています。

不動産の最新情報はSNSでご紹介していきます!フォローお願いします^^
友だち追加

↓シェアといいねをいただけたら励みになります♪

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ