不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
27
May
2021年1月版!不動産の未来予想〜沖縄は熱い??〜

◆不動産の未来予想!

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。

本日のコラムテーマは
2021年1月版!不動産の未来予想〜沖縄は熱い??〜
です。

たま〜に不動産テックの事を書いたりなんかしちゃってるんですが、
テック企業の進出だったり、
取り残されてしまうとか、
不動産業は遅れているだ、、、
とか何かとマイナスな情報を発信しがちなコラムですが。。。

今回は
今後の未来を見据えながら妄想を走らせながらも
できるだけ明るい未来と明るい世界を描けないかな?
という発想の転換を図る記事にしました。

その通りになるかもしれないし、
全然見当違いの未来になるかもしれないし、

ただ、暗い事よりも明るい楽しい不動産業の未来を見えたら面白いでしょ?

というコンセプトなので、
読む方の何かのヒントくらいになればいいな〜という記事です。

この妄想によると沖縄の今後の不動産市場は激アツという結論になりますw
ポジショントーク満載になりますがお付き合いください。

2021年1月の私の妄想なので将来的にどこまで当たるか楽しみです♪

世の中を一変させるようなテクノロジーが普及するスピードが年々早くなっている現代。
今回ご紹介する内容はほとんど現実になることが決まっているらしいです。
技術者はもっと先の次の開発に精を出しています。。。
我々も置いていかれないようについていかないといけませんね。

※約10分で読めるはずです

◆リアルをネットに持ち込むな

まず、新しい未来を迎えるにあたってその考えを阻害してしまうモノがあるんです。
また、この考えが新しい発想の邪魔になるとも言われています。

それが
「リアルをネットに持ち込むな」
です。

もう少し具体的に言うと
「リアルの商習慣とネットの商習慣は違う」

現実のものとネット空間を織り交ぜる時に
「わざわざ現実の体裁を守る必要はない」
ということですね。

7〜8年前だったかな?
もう少し前だったかも。。。

どこで読んだか聞いたか定かでは無いんですが
孫正義さんが
「スマホは今後どうなりますか?」
という質問に答えていた回答が衝撃的でした。

「体と一体になる」

と答えていたんです。

当時の私の発想力では犬とか猫が迷子にならないように
ICチップにGPSを搭載したようなものを体に埋め込むじゃないですか?
あんなものを人体に埋め込むことしか想像できませんでした。

だから
「スマホが小さくなってもそれは無いでしょ!」
「人間の体に埋め込むなんてSFみたいだし」
とつっこみながらかなり否定的な見方をしていました。
でもなんだかとても印象に残っていたんです。

でも孫さんのこの答えも2021年の今考えると
「普通に実現しそうだな」
と思えるようになってきました。

ウェアラブル端末って知っていますか?
体に身につける端末のことです。

今ではスマートウォッチをつけている人が普通になりました。
これがそのうちスマートゴーグルが普及してどこでも画像を映し出せるようになります。
それがこの次はスマートレンズ(コンタクトレンズのスマート版)になると言われています。
今後はスマートウォッチとスマートグラスだけで今のスマホの機能を全て網羅できるようになるそうです。

こうなるとスマホが体と一体になることも想像に容易いですね。
スマホを持たずにスマホの機能をもった端末を身につけてるんですから。。。

これを7〜8年前に言っていたのが悔しい!ww
見えている人には未来は見えているんですね。

さて、リアルの商習慣とネットのことからいきなり話が飛んだように見えますが、
要は先々の事は
目の前にある技術と今までの習慣だけで見ようとしてもうまく捉えられない
と言うことですね。

商習慣も現金が消えつつあるし、
銀行の存在も危ういと言われるし、
ATMも無くなっていくと言われているし、
クレジットカードももう古いと言われ始めています。

便利なものが昔の習慣となりつつあります。

新しい文化を取り入れるためには
昔(リアル)の商習慣を固辞してはいけないと言うことなんです。

この今のリアルに囚われないという考えを持って
この後の記事をお楽しみくださいw

◆自動運転が来る

前置きが長くなりました。
まず、もう皆さんご存じで「これが来ることはない!」と主張する人もいなくなったものがあります。
自動運転技術です。

これが進化していくと車を所有する人は居なくなって、
シェアリングが当たり前になってくると言われています。

車を所有するコストよりもシェアするサブスクリプションの方が圧倒的にローコストになります。
実際、普通の人は車を所有していても一日の90%は車に乗っていないらしいです。
通勤の時や週末のお出かけの時以外に車はずっと駐車場に待機していて
駐車場料金と固定経費を垂れ流している状態らしいです。。。

これが自動運転車のシェアになると
必要な時に必要なだけ車を呼んで
目的地に着いたらリリース。。。
いつでも走っている車を止めて現地に向かって乗り捨てができます。
目的地周辺の駐車場を探す必要もありません。
便利ですね。

これがドローンみたいに空を飛ぶ車もすでに実験されてて、間もなく現実になるとかいうもんだからたまったもんじゃありません(何が?w)

こうなってくると駐車場が要らなくなります。
所有しているから駐車場が必要でしたが、
車はその辺を走っていて必要な時に乗ってまたリリースすればよくなるんです。

では駐車場が要らなくなることで何が起きるか?

駐車場だったところに建物を建てる事が出来ます。
もしかしたら建物を建てると言う発想も古いのかもしれません。。。
土地が狭くて活用できなかったところを有効活用ができます。

それを考えると現在、都心部の駐車場で利用されている土地は
もう新しいテクノロジーを見込んだ企業に狙われているかもしれませんね。

また、テナントビルとかも駐車場を確保する必要が無くなります。
その分テナントを誘致するスペースが確保できて収益性が上がります。
また、今まで車が停められないからと敬遠されていた狭小宅地の需要が出てきます。
戸建て住宅やマンションから駐車場の必要性がなくなります。
電車やバスも減ります。
そうなるとそれらの待機している大型の土地も別の用途に利用できます。

自動運転とシェアリング。
不動産業界に大きな変化をもたらしそうです。

◆仮想現実が来る

先ほども述べたスマートグラス。
今かなりの精度で仕上がってきていることをご存知ですか?
良ければググって調べてください。

スマートグラスがスマートレンズになって
人は仮想現実(VR)をいつでも見る事ができるようになるらしいです。

TVとかの液晶モニターは無くなって
全てが仮想モニターになるとも言われています。

スマホもタブレットも今は必須ですが
スマートグラスによって持ち運びが要らなくなるし、
いつでもどこでも情報にアクセスして必要な画像や動画などを呼べるらしいです。

その変化の代表としてコロナで見直されたリモートワークが更に進化すると言われていますね。

通勤の必要性がほぼ無くなり全てVRの中で仕事ができるようになるとか。。。
欲しいものもVRでタッチして(その時にはタッチするとかあるのかな?)すぐにアマゾンとかから発送されるし
必要な書類(これも紙ではなくなるでしょうね)とかも世界中の誰とでもすぐに共有できるようになりそうです。

移動して出社する必要性が無くなる時代。
会社という形態も大きく変わるかもしれません。

そうなると今も都心部のテナントの空室が目立ってきていますが
都心部にオフィスを構える企業が減っていきます。

人が場所を選ばなくなって、どこでも好きなところに住むし、
好きなところで働くことが出来るようになります。

仮想現実(VR)
拡張現実(AR)
5G、6G・・・

新しい技術がもともとあった文化を超える時が迫ってきました。
こうなれば不動産に何が起きるか?
考えるだけでわくわくしませんか?

◆人の大移動が起きる

ブロックチェーン、XR、AI・・・
まだまだ新しい技術がありますが長くなりそうなのでこの辺にしておきます。
また、機会を見つけてコラムにまとめてみますね。

さて、上記の技術が発展してきたときに不動産屋目線で考えた結論がコチラ
沖縄は激アツでは無いか??
という事。
沖縄の不動産屋さんなので沖縄が盛り上がってほしいという本音があるというのは否定できませんが、あながち検討外れでは無いかも?

日本中で南海トラフ地震や首都直下型地震、富士山の噴火など未曾有の災害の発生に戦々恐々としてしまうような研究結果が出てきています。
年々、台風被害も沖縄よりも本州の方がひどくなってきました。
集中豪雨の災害も毎年甚大になってきています。
災害の面から見るとどう考えてみても沖縄は魅力的に写りませんか?

今、沖縄は夏の気温も全国平均よりも涼しい地域になってきました。
冬も10度を下回るのは数年に一度くらい。
これに加えてリゾート地としても世界中から人気。

VRなどが発達して誰でもどこでも働けるようになったら
わざわざ怖いところにとどまりますか?
わざわざ寒いところで働きますか?
逆に暑いところで働きますか?

ただでさえ狭い沖縄ですが
自動運転でシェアリングされるようになって土地が余れば
有効かつよう出来る土地がたくさん出てきます。

世界をつなぐ光回線などの海底ケーブルのハブにもなっています。
沖縄本島は空港から各地域へのアクセスも悪くありません。
企業の物流拠点としての開発もどんどん進んでいます。

琉球国の時からの移民文化もあるので多種多彩な人種との交流拠点にもなっています。
高齢者は多いんですが、出生率は全国No1です。
一年を通して寒暖の差が少ないので過ごしやすいと言われています。

どうですか?
沖縄の不動産屋が過剰な評価をしているだけだと思いますか?

新しい技術が促進されることで沖縄が世界中から注目されるのも時間の問題かもしれません。
楽しそうな未来が待っていますね。

※あくまでも2021年1月の私の個人的な妄想です。ご参考までに

では〜

—————————————-

ツイッターでは同業者さんとふざけてます。
あまり参考になるようなことは呟きません(笑)
フォローお願いします^^
@REGATE5
不動産のお悩みやご相談は以下のラインからお願いします♪
友だち追加

不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買市況速報
※毎日、宜野湾市、浦添市、那覇市、西原町、南風原町、与那原町、豊見城市、糸満市、八重瀬町、南城市の不動産の売り出し事例を収集しています。

それを基に県内12万ヵ所の地点の査定データを収集して「自動査定システム」をリリースしました。

不動産自動AI査定システム
↑沖縄県南部の不動産の価格を調べたい方はお気軽にご利用ください。

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ