不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
27
June
売買仲介は疑似体験

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。

本日のコラムは最近、「売買仲介をやっててよかった~」と思った出来事があったのでその心理に至った内訳をご紹介します。

少しだけ不動産の売買仲介の実務にも触れますので、不動産業界に転職したい方には少しだけ役に立つかもしれない内容です。

 

過去の記事の中でも不動産の実務に触れています。
お時間がある方は読んでみてください。
———————————-

【コラム】不動産実務のお話~賃貸仲介編~
【コラム】不動産実務のお話~売買仲介編~
———————————-

 

 

 

 

◆売買仲介の全体的な特徴

 

 

 

まず、不動産の売買仲介の特徴をご紹介します。

 

★在庫が不要
基本的に第三者(売主)の所有している不動産を購入者(買主)に売買することで手数料を頂くので、売買仲介業には在庫負担というモノがありません。
在庫を保管するリスクなども無いので気軽に始めることができます。

 

★自社で仕入れなくてもいい
仲介専門で営業する業者さんの中には自社では売主さんへ営業活動はせずに、別の仲介会社の媒介物件に客付けすることをメインにしている業者さんもいます。
自社で媒介を取らなくても成り立つので「仕入れ」ができなくても営業が成り立つという業界です。
新築の分譲業者さんの物件だけを扱って手数料を稼ぐ業者さんもいます。
※ただし自社媒介の取得ができないレベルの業者さんは基本的に長続きしません

 

★新規参入が容易
宅建士の資格と供託金/供託保証金があれば誰でも開業できます。
不動産業未経験でも開業できるので新規参入ハードルは他の事業に比べて低いと言えます。
宅建士資格については自分で持っていなくても取得した第三者を雇えばいいだけです。

 

★情報をお金に換える事が出来る
お世話になっている先輩の言葉で
「不動産業は錬金術みたいなもの」
というフレーズが心に響きました。

不動産を売りたいという情報を仕入れて、売却のプランニングを提案して購入者を募って成約させることで手数料を頂きます。
仲介業という仕事はこの「売りたい情報」を手数料というお金に換えることができるんです。
夢があると思いませんか?

 

★好景気・不景気の影響を受けにくい
コロナ禍による不況やリーマンショック、平成バブルの崩壊。。。
株式市場や金融市場は常に変動しています。
不動産価格も市場に応じて価格の上下はありますが
「好況でも不況でも売る人はいるし買う人はいます」
買う比率が高いのか売る比率が高いかで相場が変わりますが、基本的にどんな状況でも売買をすることが可能です。

在庫負担なし、仕入れをしない、景気の影響が少ない、錬金術、、、
いいお仕事だと思いませんか?

 

◆仲介は様々な疑似体験ができる

 

上記で不動産売買仲介のたくさんのメリットを並べましたが、私が売買仲介にハマった一番大きな理由がこの「疑似体験ができる」だと思っています。

まず、売買仲介業の大きな特徴の一つで「同じ取引は二度と無い」という事が挙げられます。

「売主様」×「買主様」×「物件」×「その時の状況」

この要素が同じという取引は基本的に皆無です。

 

この再現性のない取引を一期一会で成約させることが必要なので、ある程度の経験値が無いと取引が成立しません。
また、経験を積むことで過去の事例と類似するケースに遭遇すれば、過去の経験を活かして事前にトラブル回避をすることもできます。

 

ご相談を受けたご家族の構成やその不動産に関わる法的な問題や税金問題、近隣トラブルなど毎回毎回お客様に解決案を提案しながら売却を進めていきますし、税理士や弁護士、家屋調査士などの専門家も入り混じって解決する事もあります。

借地案件、相続、近隣トラブル、越境、通行掘削、建物解体、離婚、裁判、後見人、供託・・・・
普通に生きてたら一つの仕事でこんなに色んなジャンルの経験はできませんよね。

毎回の取引がお客様の人生の疑似体験という感じです。

 

毎回毎回当事者に寄り添いながらたくさんの問題を一緒に解決していくことができるんです。
案件をこなせばこなすだけ新しい経験ができるし、疑似体験もたくさん味わえます。

当たり前にやっていた仕事が誰かの人生に大きな変化をもたらしたり、どうせ売れないと諦めていた方に解決方法をアドバイスしたり。。。
疑似体験が多ければ多いほどお客様にアドバイスをする濃度も濃くなります。

 

飽きっぽい私が10年以上も変わらずにこの業種にハマっているのはこの疑似体験が楽しいからかもしれません。
実際に売買契約をして引き渡しをする時よりも、調査をしてお客様の相談を受けている時が楽しいと感じています。

 

 

 

◆仲介冥利につきます

 

 

数年前に売却をお手伝いした方がお知り合いをご紹介してくれたり、売主様だけでなく買主様からも新たなお客様をご紹介もらえたりします。。。
ありがたいお話ですが「ご紹介率No1」を目指しているのでまだまだサービスの向上が必要です。

私たち仲介業者は基本的に第三者の「他人のモノ」を扱って手数料を貰う仕事なのですが、その手数料をもらえる事が当たり前になってしまっている営業や、媒介をもらえることが当たり前だと勘違いしている営業もいます。

お客様から頂く手数料に対して適正なサービスを提供できているか?という疑念はいつまでも私の根幹に残していこうと思います

今回この記事を書くことになったきっかけとして、
5年前くらいに売却相談を受けたお客様からお電話を頂き話をすることになったのですが、当時のメモや資料が手元になくても当事者の関係性や家族構成などがスラスラと出てきたんです。

 

そのお客様もいくつもある不動産業者の中からわざわざ私にお電話をくれた理由として、
「5年前に相談をしてから、金城さん以外に相談する気にならなかった。家族もみんな売るときはあなたに任せるって同意している」
と嬉しいお言葉を頂くことができました。

これからもたくさんの疑似体験を積み上げて、多くのお客様の不動産のお悩みに寄り添いたいと思います。

 

では~

—————————————-
不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買市況速報
※毎日、宜野湾市、浦添市、那覇市、西原町、南風原町、与那原町、豊見城市、糸満市、八重瀬町、南城市の不動産の売り出し事例を収集しています。

それを基に県内12万ヵ所の地点の査定データを収集して「自動査定システム」をリリースしました。

不動産自動AI査定システム
↑沖縄県南部の不動産の価格を調べたい方はお気軽にご利用ください。

不動産の最新情報はSNSでご紹介していきます!フォローお願いします^^
友だち追加

↓シェアといいねをいただけたら励みになります♪

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ