不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
16
August
糸満市西川町の戸建ての査定に行ってきました!

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。

「糸満市西川町」にある戸建ての査定に行ってきました♪

 

市街化区域
第一種中高層住居専用地域
建蔽率60%
容積率200%
糸満市道沿い角地
昭和47年築鉄筋コンクリートブロック造陸屋根2階建

 

糸満市西川町は1980年代に大規模な埋め立てによってできた町です。
人口も2000人を超えており糸満市内でも中規模の住宅街。
糸満市の中心的なエリアに位置し、隣接する西崎エリアに並んで地価が上昇してきていますね。

本物件は角地で風通し、日当たりがよく印象は良好。
一昔前は住宅兼店舗が盛んだったようで一階部分のシャッターが閉まっている物件が多数あり、売り物件も増えてきています。
道路は平坦で6mの幅員。車の往来もスムーズ。
建物は若干古さが残るが塗装を施して外面はきれいに化けそうだけど中身が心配。。。

敷地内駐車場が無いのが最大の難点です。
昔は糸満あたりは車を使わない人が多かったのか、路駐で事足りたのか駐車場がない物件が周りにも多く見受けられます。。。もちろん路駐の車もたくさん。。

駐車マナーが購入者さんのイメージダウンになりそうです・・・

 

◆接道・給水排水経路

 

区画整理地の角地なので接道は問題無し。
上下水も通っている。
けど建物の老朽化具合と定期的なメンテナンスが施されていない状況を見てみると敷地内の給排水管は取り換えが必要そうです。

 

◆築年数の古さがネック

 

昭和47年築。そろそろ築50年。。。
リフォーム技術が上がった現代とはいえリフォームやリノベーションで誤魔化しがきかない気がする物件です。
建物を残して売却するとしてもスケルトン工事を伴う大規模なリフォームが必要そう。
そうなると解体して更地の販売が理想かな?という印象。

 

◆査定結果

 

築年数の古さが大きなマイナスとなり査定価格は2100万円となりました。

不動産屋の目線としては土地の希少性が高評価なので古屋付き(解体前提)の売り地として出せば早期の成約を見込めるものと確信。
室内の状態が良ければリフォームしての販売もアリかも。。。

いや、築50年だし土地代のみの販売が無難かな?という印象の物件でした。

 

では~

—————————————-
不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買市況速報
※毎日、宜野湾市、浦添市、那覇市、西原町、南風原町、与那原町、豊見城市、糸満市、八重瀬町、南城市の不動産の売り出し事例を収集しています。

それを基に県内12万ヵ所の地点の査定データを収集して「自動査定システム」をリリースしました。

不動産自動AI査定システム
↑沖縄県南部の不動産の価格を調べたい方はお気軽にご利用ください。

不動産の最新情報はSNSでご紹介していきます!フォローお願いします^^
友だち追加

↓シェアといいねをいただけたら励みになります♪

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ