不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
17
June
今後の沖縄の不動産市場予想~超プラス思考編~

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。

本日のコラムテーマは
今後の市場予想~超プラス思考編~
です。

 

長い長い海外旅行者の渡航制限が解除されつつある昨今、少しづつ元に戻る動きが見え隠れし始めた感じがします。
今年に入ってからウクライナ戦争や円安、物価高などものすごい勢いで状況が変わっていたので、マイナス思考の私は悲観的な市場予想しかできていませんでした。

まだ先々は不透明で予断を許さない状況には違いないのですが、今回は少し思考を変えてみることにします。

マイナス思考ばかりでは気が滅入るので、プラス思考の明るい未来も想像すればいい感じになるのでは?
という事で今の現況から超プラスになるような状況を妄想してみます。

 

あくまでも私個人の予想と妄想です。
コロナの影響でまだまだ大変な人もたくさんいると思うんですが、これを読んで少しは元気を出してみましょう。

◆人の働き方が変わった

 

コロナ前と後で大きく変わったと言えば人の動きや働き方が変わりましたね。

リモートワークや時間差通勤、オフィスレス、、、
前々から「こうなれば便利なのになぜやらない?」と一部の人達が提唱していたことがコロナの自粛でスピーディーに実現しましたね。
ようやく日本人のガラパゴス的な働き方にメスが入りました。

コロナのせいで(おかげで?)変わった暮らし方、働き方の改革が起きました。

 

リモートワークがもたらすもの
リモートで仕事をする事は既に実践されている方も多いと思いますし、そのメリットを感じている方も多くいると思います。今後もリモートワークで処理できる仕事が増えていくと思います。

リモートが進むと人が常勤しないのでオフィスも大型のフロアを借り上げる必要が無くなります。
そうなると余分な家賃が削減されるので余ったお金を他の設備投資や人件費の向上に向ける事もできると思います。
※テナントビルの事業者には嬉しくない話ですが・・・

このリモートワークは出社しているだけで働いたふりをしている社員が浮き彫りになるという懸念もあるらしいのですが、経営者としてはそんな人員よりも出社しなくても会社に貢献できる人材に高給を与えたいので、さぼる人が居なく無くなって(サボれない環境になって)仕事の効率が上がって業績アップ=収入アップとなりそうです。

業績が伸びて働く人の収入が上がれば経済が活性化されていい循環が生み出されます。

必要な時に必要な人材が適切に働く。

いい流れが生まれそうです。

 

 

◆個の能力が浮き彫りに

 

 

前述したように今回のコロナの影響で働き手の思考が変わり、企業が人材を維持することが困難になりつつあるという一面もあるらしいです。
転職市場が活発化しているというニュースも見かけました。

 

優秀な人材の離脱を防ぐために企業はさらに人材確保に努めると思います。

優秀な人材はもっと自分に合った職場を探すので双方の利害が一致するためには働く環境の整備が必須になります。

 

ただし、この必要とされる人材になるためには欲しがってもらえる能力を身に付けないといけませんね。

何もせずに学歴と資格があるだけで引く手あまたになるわけありません。

まずは自分が今の会社で必要とされているか?
他の会社にも欲しがってもらえるか?

自分の能力の棚卸をしてみて、伸ばすべき能力を見つけることが必要ですね。
自分の得意分野を伸ばして仕事をつかみ取る。これがスタンダードの転職活動になりそうです。

余談ですがコロナに乗じて不要な人材を削除できたおかげで業績が伸びたという社長さんの声も聞いたことがあります。

 

前々から終身雇用や年功序列が崩壊していると言われていましたが、今回のコロナのおかげで

「定時まで会社に居れば給料がもらえる」
「正社員になれば安泰」
「定年までしがみつく」

という時代は完全に過去のものになったんだと思います。

 

優秀な人材の奪い合い。
優秀な企業と人材のみが生き残る。

いい環境じゃないですか。

 

◆世の中に溢れた給付金の使い道

 

持続化給付金、家賃補助、特別給付金、事業復活支援金、、、
前代未聞の規模で給付金がどんどん出ましたね。
それによる詐欺の逮捕者もたくさんでていますが・・・w

 

まず、この給付金の使途がどうなるかを考えてみました。

世界的にも多くの中央銀行や政府が給付金を出しまくりました。

実際にコロナの打撃で困窮した企業もたくさんあると思いますが、そんなに困っていないけど給付金を貰えたという企業やご家庭がめちゃくちゃたくさんあると聞きました。

コロナのダメージが少なく済んだ人たちに支給された給付金が世の中に余ることになって、設備投資や新たな事業開発などにお金が回るでしょうし、運用に回すために株式市場や不動産市場にもお金が回ってくると思います。

市場にお金が出てくると様々な経済圏が動きます。

今までの渡航制限のリバウンドによって沖縄の旅行者も増える見込みなので沖縄経済はたくさんのお金が集まる可能性があると思っています。

 

◆これからV字回復?

 

 

さてさて、これから起きる(かもしれない)事が少し楽しくなってきましたね。

 

直近のニュースを見てみても大幅な利上げ決定によってアメリカの株式市場では混乱が続いています。

慎重な日銀の姿勢を嫌気して円安も加速しています。

株式市場は乱高下しています。

でも、観光客にとって利上げや株式市場は関係ありません

むしろ円安が進むと海外旅行者が日本に来やすくなります。これは沖縄の経済にとってプラスのニュースです。

海外旅行者が戻ってきたら沖縄に落とすお金も大きくなります。
円安の効果で使っていくお金の額も増えるでしょう。

海外からの旅行者が増えると沖縄の不動産も動きます。いいことずくめです。

 

更にその先を考えてみると、日本は世界と比べてみてもコロナ感染を抑えられたという実績が評判になって海外からの移住者が増えるかもしれません。

 

東日本大震災の後に東北や関東から沖縄への移住者が増えたようなものが世界規模で起きるかもしれません。
海外からのコロナ避難で日本が注目されるポジションになれば一気に不動産の需要も盛り上がりそうです。

ビザの問題などいろんなハードルはありますが、海外からの移住者が増えて、日本に定住してくれるようになれば、高齢化や人口減少による働き手不足の問題も緩和されますし、いっそのこと多国籍国家になってもいいと思います。

 

そうなればこのコロナ禍の二年間に需要が止まってしまった宿泊施設の代表格の「民泊物件」を旅行者用の宿泊物件ではなく移住者の住居として活用できます。

空き家問題なんかも移住者用の居住物件に転用することで新たな市場が盛り上がりそうです。

 

 

いかがでしょうか?

プラスに考えれば考えるほど楽しくなってきましたねwww

やっぱりマイナスの要素をまとめるよりもプラスの事を考えた方が気持ちがいいモノですね。

 

プラス思考で今後を見ていくと新しいアイディアがたくさん生まれてきます♪

今後も沖縄に関する事とか気が付いたことがあればコラムを更新していきます。
お暇なもの好きの方は是非お付き合い下さい!

では~

 

↓シェアといいねをいただけたら励みになります♪

—————————————-
不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買市況速報
※毎日、宜野湾市、浦添市、那覇市、西原町、南風原町、与那原町、豊見城市、糸満市、八重瀬町、南城市の不動産の売り出し事例を収集しています。

それを基に県内12万ヵ所の地点の査定データを収集して「自動査定システム」をリリースしました。

不動産自動AI査定システム
↑沖縄県南部の不動産の価格を調べたい方はお気軽にご利用ください。

不動産の最新情報はSNSでご紹介していきます!フォローお願いします^^
友だち追加

 

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ