不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
9
April
渋谷区役所のIT化

こんにちは。
㈱REGATEの金城です。

本日は
渋谷区のIT化
について書こうと思います。

沖縄県の田舎の不動産屋さんが考える独り言です。

まずリンクを貼りましたので一読ください。
IT化で激変「渋谷区役所」がスゴい。ビジネスチャットで「言った言わないをなくす」

 

役所の対応に物申す!

 

いや~これは不動産屋をしているみんなの同意だと思いますが役所の方々に言いたいことは沢山あります。。。ほとんどがクレームになってしまいますので慎みますが…

「決まりですから」「規則ですから」
ということで全く融通が利かなかったり。。。
今ここでやってくれればいいじゃん!!ってことが多々あり。。。

わざわざ役所に行かなくてもいいんじゃない?
わざわざ窓口に行かないといけない手続きなの?
わざわざ手書きで紙で出さないといけない申請書??
書類の発行手数料?
手書きで書き写すのはOKなのに写真はNG??

しかもきっかり定時に受付終了・・・
定時ギリギリに行くと明らかに不機嫌・・・
土日祝日は対応不可・・・
ていうか窓口の人がいないときに後ろからめんどくさそうに出てくるおっさん。係長だか課長だか知らんけどお前さっさとやめてしまえ!

などなど役所の仕事ほど改善してほしいな~という事をよく思っていました。

あ、慎むと言っていた愚痴になっていますね。

 

普通に不動産売買に関係ない人でも「お役所仕事」に憤ったことは多々あります。
みなさんも思い当たる事ありませんか?

 

 

トップが改革の意識が高ければ変われる

 

んで本題ですがこの渋谷区の改革。
区長が47歳と若いため実現したとのことですが、
トップが意識すれば「お役所」でも変われるんですね。

何よりも
「将来的には区役所に来なくても文書が交付できる仕組みを作っていきたい」らしいです。
この考え方がいいですね。

役所に行かなくても行政サービスを享受できる。ここまでいけば最高ですね♪

役所に行かなくても建築確認概要書を取得できたり、上下水道図面をとれたり、航空写真併合図が取れたり、固定資産税評価証明書が取れたり・・・
夢は広がります。

 

いままで堅物で変わろうとしなかった「お役所」がこんなにも変われるんです。
渋谷区の取り組みが全国に波及することを切に願います。

おい!沖縄県!八重瀬町!南部水道○○団!聞いてるか!!!

 

 

不動産業界も変われるか?

 

さて、役所のお仕事ばかり責めても何も得るものはありません。
翻って私たちがいる不動産業界はというと。。。

 

・・・・変わらない人たちばかりでしたwww

大口叩いてすみませんでした。

 

不動産業界ってこの時代にFAX主流で情報を交換している人もいますし。。。

いい加減に変われよお前!っていうおじさんがたくさんいました。
ていうかこれを書いている私も十分におっさんですが。。。

これまでおっさんを見ては

「こいつらが引退していくのを待つしかないか、長いな・・・」
と辟易していましたがこの渋谷区の記事を読んだときに「不動産業界」も変われるかも!と少し光明が見えた気がしました。

 

トップが変わればどうにかなるんです。
その変わってもらうためには下から口で言うだけでなく、変わることによるメリットを享受してもらう事が必要と考えるようになりました。

 

少し前までは古い業者さんに対して
「どうせついてこないでしょ」
「変わらないなら淘汰されてしまえ」
というネガティブな思考でしたが私は変わりました。

・・・たぶん変わりました。

 

上の人たちにも今あるテクノロジーを利用してもらって
「こんなに便利なら業界全体で使おうぜ」
と言ってもらえるように少しづつでも布教活動をしていこうと思います。

 

完全に昔ながらのヒエラルキーで構築されている不動産業界。トップの親玉に懐柔するまでにたくさんの老害・・・先輩たちに協力を得ないといけません。
考えるだけでも嫌になるくらい遠い道のりです。

でもこれからの不動産業界が変わるためには変化が必要です。

若い人を育てつつ、上に鎮座する先輩方も変えていく。
不動産業界の中間管理職みたいなポジションで四苦八苦していこうと思いました。

 

適当に好き勝手なことを書いていますが、あくまでも独り言です。

 

では~

 

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ