不動産業界の
古い「枠」を取り壊して、
新しい「門」となる。
It will be a new "gate" by demolishing the old "frame" of the real estate industry.

BLOG
11
February
南城市佐敷新里の土地の査定に行ってきました

【南城市佐敷字新里の不動産査定に行ってきました】

こんにちは!
㈱REGATEの金城です。
本日は南城市佐敷字新里の査定調査に行ってきました~^^


南城市佐敷字新里の不動産査定&調査

本日査定をした物件の概要はこんな感じです。

今回は①と②の二つを同時査定です!


非線引き区域
特定用途制限区域 リゾート環境地区
建蔽率60%
容積率200%
南城市役所近くの平坦地で今後の展望が明るい土地


非線引き区域
特定用途制限地区 居住環境保全地区 風致地区
建蔽率20%
容積率200%

敷地面積や土地の面積など詳細についてはプライバシー保護のために伏せます。

 

1.現地の確認
①の土地は高台で市役所通り沿い。更地が目立つエリアですが今後の南部東道路の開発で地価の高騰が期待されるエリアです。
②は新里エリアの遺跡埋蔵重点地区でした。建築の条件としてはかなり厳しい結果となりました。

 

2.近隣の取引事例など
近隣の取引事例で一般の住宅地は坪単価20万円以上で売り出しされていますが全て売れ残っています。単価設定が強すぎるイメージですが、木造住宅の建売業者さんが新規の現場が足りなくなってきているので売れるのも時間の問題だと思います。

 

3.地域性
旧集落地の中では海が見える条件が付加されるのでプラスの査定となりやすいのですが、外部からの流入が限定的なエリアです。
また、遺跡の埋蔵が多いエリアのため建築の際は発掘調査費用等もプラスされてしまうので売却のネックになりがちです。
ただ、南部東道路が開通するので今後の展望は明るい見通しです。


査定結果は?

①は査定価格は1500万円/坪単価は20万円で算出されました。もう少し強めでもいけるかもしれません。
②は建蔽率20%と埋蔵文化財がネックとなるせいで坪単価9万円となりました。

 

後日談:①はすぐに成約に至りました。②は諸条件で苦戦を強いられたもののどうにか成約にこぎつけました。

—————————————-
不動産の価格を徹底的に調査するために弊社では不動産の売れ行きを毎日収集しています。
不動産売買市況速報
※毎日、宜野湾市、浦添市、那覇市、西原町、南風原町、与那原町、豊見城市、糸満市、八重瀬町、南城市の不動産の売り出し事例を収集しています。

それを基に県内12万ヵ所の地点の査定データを収集して「自動査定システム」をリリースしました。

不動産自動AI査定システム
↑沖縄県南部の不動産の価格を調べたい方はお気軽にご利用ください。

不動産の最新情報はSNSでご紹介していきます!フォローお願いします^^
友だち追加

↓シェアといいねをいただけたら励みになります♪

この記事を書いた人

不動産売買に関する事を思うままに書いています。
お孫さんの代までお付き合いできる不動産屋さんとして「紹介率No1」を目指します。
不動産に関するご質問など随時個別にご対応させていただきます!お気軽にお問い合わせください!

記事一覧を見る
Tag
TOP
電話をかける お問合わせ
お問い合わせ